Win⇒Macに乗り換えた人が戸惑うMacOSのキーボードショートカット

私がWindowsから乗り換えて最初に戸惑ったショートカットキーの使い方について
説明します。

私がWindowsでよく使っていたショートカットは以下になります。

1.新しいフォルダーを追加

私はWindowsでは、新しいフォルダを追加するときにはマウスとキーボードを両方っていました。

なぜなら、キーボードだけで新しいフォルダーを作成しようとすると、キーを3つも押さえないといないので操作が全く慣れなかったからです。

そして、Macでも最初から設定されているショートカットキーは、3つのキーボードを押さえないといけないものでした。
(Shift + Command(⌘)+ N キーで新しいフォルダを追加出来ます。)

しかし、Macでは、ショートカットキーを自由に設定できます。
キー2つの操作に設定することが可能です。

その方法は以下になります。

  1. 「システム環境設定」の”キーボード”を開きます。
  2. 「キーボード」設定の中のショートカットタブを選択、そしてアプリケーションの全てのアプリケーションになっていることを確認します。
  3. 「+」マークをクリックするとショートカット追加のウインドーが開きます。
  4. メニュータイトルに「新しいフォルダ」と入力して指定したいキーをキーを押して追加ボタンを押せば設定が完了します。

2.ファイルやフォルダーの名前の変更

Windowsでは、ファイルやフォルダーの変更をするときはF2キーでしたね。

しかし、Macでは、エンターキーですぐに名前の変更モードになります。

これは、簡単である反面なれないと、簡単過ぎて最初は戸惑ってしまいました。
Windowsでは、ファイルやフォルダーを開くときの操作ですね。

ちなみに、Macでキーボードでファイルフォルダーを開くには、
Command(⌘)+ O キーで開くことになります。

うーん、Windowsの使用が長い私としては、エンターキーで開けたほうが良いような気もしますが、誤操作でアプリケーションなどが開かれないためには、こちらのほうが良いのかもしれませんね。

3.ウインドーを整列

残念ながらMacOSでは、Windows7から追加されたフォルダーウインドーの整列機能は、初期設定ではありません。

しかし、アプリを追加することで実現できますので安心してください。
ShiftItというアプリをインストールすることで2分割、4分割にフォルダーを整理することができます。

4.コピー、ペースト

一応、とても良く使うショートカットなので書いておきます。

Windowsで多用するコントロールキーは、MacOSではCommand(⌘)キーですね。
ですので、コピーするにはCommand(⌘)+C ペーストするときはCommand(⌘)+Vですね。

5.デスクトップの表示

Macの初期設定では、F11を押すとデスクトップ表示出来ますが、Macのファンクション・キーは、ファンクション・キーのみの操作では、アプリケーションの操作が割り当てられています。

ですので、デスクトップを表示させるためには、Fn+F11を押さなければなりません。

これはFnキーとF11キーの距離が遠いのでとても押しづらいですよね。
そこで、またしても、ショートカットキーをカスタマイズすることになりますね。
先ほどと同じように、環境設定⇒キーボード⇒ショートカット⇒MissionControl⇒デスクトップの表示のところでダブルクリックすると初期設定のF11から変更出来るようになるので指定したいキーを押して設定出来ます。

最後までお読み頂き、ありがとうごさいます。