MacBookProが皮脂でテカテカ?間違ったクリーニングでMacを傷めない方法

キーボードや、トラックパッドが手の脂(皮脂)でテカテカになっていませんか?
ディスプレーも汚れやすいですが、キーボードの汚れも、使い続けていると以外に汚れてしまいますよね。

手の皮脂や汗の中には塩分が含まれているので、MacBookProの美しいボディーを痛めてしまう可能性があります。

なので、こまめにクリーニングすることをおすすめしたいです。

陥りがちな間違ったMacBookProのクリーング方法

世の中には、たくさんのPCクリーナーが売られていますが、それらの製品の中には、アルコールがほとんどの場合入っています。

Appleの公式ページはApple製品のお手入れ方法として下記のことが書いてあります。

スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤は使わないでください。

この溶剤というのが、アルコール(エタノール)のことですね。

なぜ、アルコールがだめなのかというと、MacBookProの表面処理や、キーボードの表面素材を痛めてしまう(溶かしてしまう)ということですね。

一度や二度では、変化は、ないと思いますが、何度も使用することで白く変色したり、艶がなくなったりする可能性があるということです。

正しいMacBookProの手入れ方法

正しいMacBookProのクリーニングに必要なものは、マイクロファイバーのクリーニングクロスです。

このクリーニングクロスは、キーボードやボディーを拭くときには汎用品のクリーニングクロスでも良いと思いますが、液晶モニターで使用するときは、カメラのレンズを拭くためのクリーングクロスの使用すると良いそうです。

カメラのレンズも、レンズのコーティングがされていいるのでキズつけないように柔らかいマイクロファイバー素材になっています。

今回使用したのは『GreatShield マイクロファイバー クリーニングクロス』という上質で、比較的安いクロスを使用しました。

安価な割には、高級感があります。

MacBookProをクリーニングする手順

  1. MacBookProをシャットダウンする。
  2. まずは、乾いた状態のクリーニングクロスで優しく拭き上げる
  3. 次にクリーニングを水に濡らして固く絞る。
    (クロスを押しても水が垂れないことを確認する)
  4. 汚れの比較的少ない場所から、拭いていく。
    (普段、指などであまり触らない部分等)
  5. キーボード、トラックパッド、モニター等を強く押さえないように優しく拭き上げる。
  6. 左右のスピーカー部分は、小さな穴が無数に開いているので異物が詰まらないように最初に目に見える異物やホコリがスピーカー部分に乗っていないことを確認してから優しく拭く。

特に注意が必要なこと

Macのモニター画面は、特別なコーティングがされているので、絶対にアルコールの含まれたクリーニングスプレー等でクリーニングしてはいけません。

そして、以外に細かい粒状のチリもついている可能性があるので液晶モニターをクロスで拭く前にクリーニングブラシ等でホコリを取り除いておくことが重要です。

安易にクロスでいきなり画面を拭くと思わぬキズがついてしまうかもしれません。

モニターを拭くときは、クリーニングクロスでモニターを強くこすらない様に一旦、ホコリを軽く払う感じで拭いた後に、指紋や、皮脂を取り除くようにしましょう。

出来ることなら、カメラ用のブロワー(空気を吹き付けてゴミを飛ばすもの)やレンズをクローニングするためのハケを使用すると良いと思います。

MacBookProのクリーニングの効果

クリーニング前

クリーニング後

MacBookProの清掃方法まとめ

市販クリーナーを使用しなくても、クリーニングクロスと水で十分MacBookProはきれいになる。

最後までお読み頂き、ありがとうごさいます。