本を読んでも身に付かない?メモ力を鍛えて自己成長を加速する!

本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまい、日々の雑多な出来事に埋もれてしまうことがありますよね?

せっかくお金を出して買ったものでなので、しっかり自分のスキルとして身につけたいものです。

読んだ本から自分に必要な知識が分かる方法

本をたくさん読んだり、早く読む必要があると思っている人が多いような気がしますが、読んだ本を確実に自分の知識にすることが大切ですよ。

まず、本を読むときには、必ずメモを取りながら読むということですね。

「メモなんかしながら書いたら時間かかるじゃん」って思いますよね。

そんなのめんどくさいし、続かないじゃんと思うかもしれません。

なぜ、本を読みながらメモ取らないといけないの?

なぜなら、メモしながら読まないと自分が新しく知ったことが読み進めていくうちに、また新しい情報が入ってくるので読み終える頃には、最初に読んだ内容は頭に殆ど残っていないということが起こります。

そして、読みながら「あ、そうなんだ」と思ったことや、そのとき感じたことをメモしながら読むことで、読み終えたあと、そのノートには、その本から新しく得た知識や、その知識を得て自分が感じたり考えたりしたことだけが書かれた文章が残りますよね。

これがその本から得られた、あなたに必要な知識です。

そして、このメモした内容を定期的に見直すことで、更に記憶にも残りやすくなります。

私は、これを繰り返していくうちに自分が知りたいと思っているところだけが、本を読んでいて目につく様になり、自分があまり必要に感じない情報は、読み流せるようになるので、本も徐々に早く読めるようになっていきました。

効率の良い読書メモの方法

なるべく、最初に本をよむ時に、メモを取ったほうが効果的です。

一度、本を読んだあとだと、その本から初めて知ったことなのか、その本を読んだから知っていたことなのか分からなくなりやすいです。

最初に、新しく知った情報、知識の印象は記憶に残すための重要な手がかりになりますのでその時の感情、驚き、なども同時にメモすると効果的です。

そして、過去に読んだ本をもう一度見直して、その本のメモを取ることも有効です。

読み返したときに、「あ、そうだったな」とか、「あぁ、思い出した」と感じたことをメモしていきましょう。

そうすれば、以前の記憶がよみがえる、要は、思い出したことで記憶が最初に本を読んだときよりも定着しますよ。

人は、覚えようとすることを繰り返し見るということよりも思い出すという行為で、記憶が脳に定着するという脳の仕組みがあるのです。

そして、メモは、手書きで取ることがおすすめです。

やはり、いろいろなところで言われているように、手を動かして文字を書くということは、確かに、脳がスッキルする感じがあります。

自分は、字が下手なので、自分の下手な字を見るだけでストレスだと感じる人もいるかもしれません。

そんなひとは、上手な字を書こうと思わすに、丁寧に自分だけの特徴的な文字をていねいに書くようにすれば、自分の字に愛着が持てるようになり一石二鳥ですね。

自分なりの特徴的な字とは、自分なりに少し、文字の払いを大げさにしたりして、まぁ自分の気の向くままに上手な字ではなくても、丁寧に文字を書くということです。

丁寧とは、しっかりペンをにぎって、太い字で、文字の払い、止めをしっかり行うということです。

少し、話が脱線しましたが、手書きで書くということは、以外に頭がスッキリするものです。

読んだ本をしっかり記憶することの効果

本を読んでも、記憶に残っていなかったり、日々の生活で意識できていなかったら、本を読んだという自己満足だけで終わってしまいますよね。

しっかりと記憶に残すことで、ふとした拍子に読んだ内容を思い出すことが出来るようになります。

そうすれば、仕事や生活の質が、少しずつ、少しずつ向上していきます。

そして、本を読んで実践できたことを、忘れないうちに記録に残しておくことももおすすめです。

そうすることで、読んだ本が実際に役にたったと確認、実感することができるので嬉しい!と感じ、脳には快楽ホルモンが分泌されると言われています。

そうするとモチベーションの維持にもつながりますよね。

最後に読書メモを継続できる方法

読書ノートとしてお気に入りのノートを準備しましょう。

200円ぐらいの比較的安いノートではなくて、自分の普段なら絶対買わないような少し値段のはるノートを準備しましょう。

少し奮発して、お気に入りのノートを買えば、3日坊主になることを防いでくれるかもしれません。

そして、ペンもお気に入りの書き味の良いものを選ぶことです。

書き味の良いペンは、書くことが楽しくなる、気持ちいいという快感を脳に与えるので、継続しやすくなりますよ。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。